茶鏡のブログ

無職が文句ばっかりぐちぐちぐちぐち言う日記です。

「大阪から東京」でググると飛行機の予約ができてしまった

これはみんなが知っていることかもしれない。ただあまりにもびっくりしたので記事にしたためることにする。

f:id:skgm26:20180208170124j:plain

飛行機で東京へ(小説風)

私は 「大阪から東京」 までの交通手段を探していた。 う〜ん、もうあと一週間もないしバスもいっぱいかもやし新幹線乗っちゃう??とか何とか、考えつつ、検索をした。

結果画面に表示されたのは、飛行機のフライト の時間だった。

え〜と、2月6日の火曜日の……この便に乗ったら11時過ぎに成田に着くの?7千何百円?よしこれだこれだ、「選択」を押したらいいのかな?
ポチーン★
程なくExpediaというサイトで、名前、電話番号、クレジットカードの番号、メールアドレスを入力っと。

超簡単な手続きで予約完了のメールが届いた。やったー!

ちなみに私は人生で一度も飛行機に乗ったことがない。国内線もLCCもそうでないやつも。

LCCについてあれこれ調べている間に、私のスマホ画面に表示されている、フライト情報がどんどん更新されており、運行状況やゲート番号まで教えてくれるのであった。

f:id:skgm26:20180208170240p:plain

出発当日の関空
よくわからないので、チェックイン後(これも超簡単だった)さっさと搭乗口に向かい、保安検査を終えひたすら待っていると外国人がたくさん集まってきた。こんな簡単にチケットの予約ができるのだからそりゃそうだと納得である。

搭乗する飛行機がこれである。指が入っているのが誠に残念。

f:id:skgm26:20180208170257j:plain

CAなどスタッフが続々あの飛行機の中へ入っていく。受付嬢が現れ、ゲートの準備が済むといよいよ搭乗。

機内は想像以上にコンパクトであった。座席、狭い。シートベルト、ややこしい。
CAが説明を始めた。酸素マスクなど正しく装着できる自信がないからコレが必要なことにならないでほしいと祈るばかりである。

テイクオフ。

雲の上の光景を少し眺めた後、あまりの眩しさに窓のシャッターを閉め、携帯のスイッチを切り、眠ることにした。

Google フライト」というサービスらしい

小説風のエピソードをお届けしましたが、この、ググるだけで、超簡単に飛行機の予約ができるサービスは「Google フライト」ということがわかりました。

2011年からあるの?2018年にもなってたまげている私でございますが、チケットは窓口の人に訊くほうが早いという感覚だったので……。

なんと最近 遅れそうなフライトを勝手にAIで予測してアラートを表示してくれる新機能がついたそうです。(まだ、アメリカだけかも。)

Webを使ったサービスは、このくらい超簡単なのがいい!
この超簡単を実現させるのが、また難しかったりするんでしょうな……。

飛行機が怖くなくなった!

乗ってしまえばといえばそれまでなのですが、ずっと「飛行機怖い」と言っていたところ、おかげさまで怖くなくなりました。

なにせ、一番怖いのが予約なのだ。
まず、これやらかすとせっかく空港に行っても乗れないのだ。
こんな超簡単にできてしまったら、だいぶハードルが下がりました。

LCCはこういうものだとか、空港までの足が重要とか、成田空港から東京駅までは鬼離れてるとか、いろいろなことがわかりました。