読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかがみのブログ

HTMLコーダーが文句ばっかりぐちぐちぐちぐち言う日記です。

フリーランスが考えられない

みんなフリーになればとすすめるけれど

f:id:skgm26:20170522104018p:plain

会社を辞めたときや今後の話題を振ったときに、たまに言われるのが「フリーになれば?」といったことです。私は個人的にフリーランスが考えられません。

1年弱ぐらい、サイト更新の仕事を個人で請け負ったことがあるのですが、クライアントさんからどこにいてもひっきりなしに電話がかかってくるというのが苦痛でたまらなかったのです。

ただそういうトラウマだけで、考えられないと決めつけて良いのでしょうか。

続きを読む

Webデザインのゴールは、サイトを通じてコミュニケーションしたいことを理解する

私はWebデザインが苦手です。
デザイナーの仕事をちょっとしかしていないからもありますが、HTML・CSSの特性や制約、実装のことから、なんかこうやって作ったら今っぽいとか、いろいろと余計なことを考えてしまうからです。

f:id:skgm26:20170516001257p:plain

でも苦手なのってWebだからなんでしょうか。

続きを読む

松浦弥太郎氏の「正直」を読んだ

宝山寺さんの街道でやっていたイベントに来ていた本屋さんで手にとって買いました。

正直

正直

私は松浦氏のことは「暮しの手帖」の(元)編集長という顔しか知らなかったのですが、子供の頃は長屋ぐらしでそこの閉鎖的な人間関係が苦しかったとか、18歳でアメリカに渡ったとか、そのアメリカの書店で手に入れた本をデザイナーなどに売り歩いていたなど、数々の過去のエピソードを知ることができます。

店頭でパラパラと読み最初に興味を持ったエピソードは、お母様が筆まめで毛筆で手紙を書いていたことを思い出し、本販売の営業のアポイントを、心を込めて毛筆で書くようになってから、百発百中になったという話。

この本は、松浦氏が50歳が近づき「暮しの手帖」の編集長を降りたことを期に、過去の実体験からの学びや大切にしていることを1冊に凝縮し、一つの生き方として示している本です。
帯にも「人生の教科書」と書いてあるとおりです。

続きを読む

「WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]」を読んだ

本が欲しかった

簡単なブログを作れるぐらいには基礎を学んだものの、前職では、あまりさわる機会がなく月日が流れ…。

ところが辞めてから、知人のお手伝いなどでWordPressが続けて舞い込み、勉強せなやばいとなり…

f:id:skgm26:20170429190508p:plain

どんな本を買えばいいのかわからず困っていたところ、ツイッターで見かけた WordPressをここ2,3年触っていない人も要チェック!」 という触れ込みのコリスさんの記事を読んで購入しました。

続きを読む

サイト制作でプロトタイプを作ってみた

はじめに

今、お友達のWebサイトを制作しているのですが、新しい試みとして、Bootstrapでサイトのプロトタイプを作るということをやってみました。

ドヤ顔するようなものではありませんが…。

f:id:skgm26:20170422230747p:plain

続きを読む

無気力と向き合う

今回はニート生活の報告的な記事となり、ニートしか共感できないであろう内容ですがご容赦ください。

f:id:skgm26:20170416205339p:plain

続きを読む

技術書典2に行ってきました。

寒かったけど、イベントは熱かった

技術同人誌オンリーイベント技術書典2に行ってきました。夜行バス日帰り弾丸でね!
10時に来ないでと書いてあったので、11時に来たら、一般参加者の入場待機列は結構並んでいました。><。

天候は吹きすさぶ霧雨(一応屋根はあった)の中、じっとしているのは寒かったです。マフラーを持っていたので正解だった…。

それでも中にはいったら胸熱でした。ハードウェアとか特にマニアックで。1回目のときもたくさん人が来られていたとのことですが、お昼の時点で来場者数1000人突破!ぱちぱち!

マンガ同人誌の文化にコミットしてない人も巻き込める、新しいイベントだなと思いました。

続きを読む